アテニアクレンジングの口コミを徹底追及!正しい使い方も公式に問い詰めてみた

ファンケルの姉妹ブランドとして人気の「アテニア」から発売されているクレンジング化粧品「スキンクリアクレンズオイル」。

インスタグラムやTwitterなどの美容アカウントや、美容に感心の高いブロガーやインフルエンサーたちの間でも話題になっていますよね!

ですが、アテニアのクレンジングのあまりの人気ぶりに「ステマやPRなんじゃない?」と効果に期待していない人も多いのではないでしょうか?

そんな私もアテニアのオイルクレンジングを怪しく思っていたので、信憑性の高い"素人さん"の口コミを集め、毛穴やくすみに効果的なのかを検証してみました!

アテニアの評判は?口コミを検証!(※悪評あり)

アテニアのステマレビューには騙されたくないので、アットコスメや楽天・アマゾンで口コミ件数100件越えなど商品レビュー数が圧倒的に多いユーザーのみをピックアップ。

数多くの商品をレビューしているサクラ以外の口コミや、本音が聞き出しやすい匿名サイトの掲示板などでの評判をまとめてみました。

アットコスメでのランキングキング評価

姉妹ブランドの人気商品でもあるファンケルのマイルドクレンジングオイルはアットコスメでも殿堂入りを果たす人気商品ですよね!

アットコスメでは殿堂入りはしていないものの、アテニアのスキンクリアクレンズは3年連続ベストコスメ大賞を受賞しています。

2019年8月現在の評価でも、オイルクレンジング部門では3位と、いつも上位をキープしているようですね。

また、7段階の★の評価は5.0と同じオイルクレンジング部門の「ファンケルマイルドクレンジング」には0.3ポイント差とかなり僅差の人気っぷりのようです。

アテニアクレンジングの良い口コミ

ここでは、アテニアのクレンジングに対して良い評価をしている人のレビューを悩み別で要約してみました。

毛穴への効果で良い評価をしていた口コミ

「シュウウエムラと比較。ダブル洗顔しなくなったこちらの方が肌の乾燥と鼻の角栓が気にならなくなった」(40代前半女性/普通肌/アットコスメより)

「2本目を使い切りました。口の下のポツポツ毛穴が目立たなくなってきた。」(30代女性/楽天市場より)

「鼻の黒ずみが消えるわけではないけど前より小さくはなってきた気がする。しばらくリピートしたい」(女性/楽天市場のレビューより)

くすみやシミ、美白への効果に関するポジティブな口コミ

「茶グマには効果なさそうですが、化粧焼けしていた目元のくすみが飛んだ気がします。」(30代後半女性/アトピー肌/アットコスメより)

「美白効果は期待していなかったけどワントーン明るいファンデに変えました!」(20代前半女性/普通肌/アットコスメより)

「毛穴対策にと使っていたら、小鼻のきわの色素沈着が気にならなくなってきました。」(30代女性/楽天市場のレビューより)

ニキビや赤み、日中の乾燥など肌トラブルへの感想

「ファンケルと比較。赤ら顔が気にならなくなってきた。」(30代前半女性/混合肌/アットコスメより)

「生理前の吹き出物が治まってきた。角栓がするっと落ちる使用感も好き。」(20代女性/楽天市場のレビューより)

「洗顔後もつっぱらず次の日の化粧ノリも良い。テカリも少なくなってきた。」(30代女性/楽天市場のレビューより)

テクスチャや香りの感想

「オイルなのにヌルヌルする感じがしない。どちらかというとサラサラタイプのオイルだった」(20代前半女性/混合肌/アットコスメより)

「メイク馴染みも良く、ウォータープルーフのコスメや日焼け止めもスルスル落ちました。」(30代前半女性/普通肌/アットコスメより)

「意識せずとも乳化するから摩擦ダメージとかの肌への負担は軽いと思う」(30代前半女性/敏感肌/アットコスメより)

「ジェルのような感じに思えた。敏感肌にも低刺激で柑橘系の香りがリラックスできる」(40代前半女性/敏感肌/アットコスメより)

洗いあがり後の肌の様子

「ダブル洗顔をしなくても洗った後もしっとりしていて、頬や小鼻がスベスベする」(40代前半女性/混合肌/アットコスメより)

「洗ってるときはベタベタしていて落としにくく感じるけど、洗い上がりはオイルなのにツッパル感じが全くない。」(女性/楽天市場のレビューより)

「アテニアはW洗顔がなくてもさっぱりとした洗い上がりでお気に入り。」(40代女性/楽天市場のレビューより)

コスパへの評価

「かなりお得に買えてコスパは良い。けど、使用期限は短め…楽天ショップだから?」(女性/楽天市場のレビューより)

「エコパックで娘と使っているが大容量で価格が安いのが嬉しい」(60代女性/楽天市場のレビューより)

 

アテニアクレンジングの悪い口コミ

次に、アテニアのオイルクレンジングが合わなかった人や肌トラブルを起こした人の口コミレビューを集めてみました。

毛穴への効果で悪い評価をしていた口コミ

「1本使い切ったけど結果は良く分からない。たるみきって開いた毛穴には向いていない商品。」(女性/楽天市場のレビューより)

「にゅるッと落ちる感じはあるけど、次の日の夜には黒いポツポツが復活」(20代前半女性/脂性肌/アットコスメより)

「大きな角栓は取れてもいちご鼻や目立つ毛穴への長時間効果はなし。次の日には元に戻ります。」(40代女性/楽天市場のレビューより)

くすみやシミ、美白への効果に関するネガティブな口コミ

「肌ステインの効果がいまいち分からない。しっかりとした美白効果はなさそう。」(女性/アマゾンのレビューより)

「目元の頑固な黄ばみ?オレンジっぽい色素沈着がなかなか改善しない。」(女性/ガルちゃんの口コミより)

ニキビや赤み、日中の乾燥など使用後の肌トラブル

「クレンジングだけアテニアに変えてからいつもの化粧水がヒリヒリしみるようになった。アロマの香りはいいのに残念。」(40代前半女性/脂性肌/アットコスメより)

「無印のマイルドクレンジングと比較。洗い上がりは好きだったけど日中に鼻の頭や口周りの薄皮が剥けました。リピはなし。」(30代前半女性/混合肌/アットコスメより)

「これのせいでニキビできた?使った翌日はおでこがかゆい気がする…。」(女性/アマゾンのレビューより)

テクスチャや香りの感想

「不自然な香りではないけどもう少し弱い香りのほうがいいかな。」(30代後半女性/敏感肌/アットコスメより)

「何回かプッシュした量を使わないと1プッシュでは肌ダメージが凄そうなテクスチャだった。」(30代後半女性/混合肌/アットコスメより)

「拭き取りシートに慣れている人は注意!簡単に落ちないしヌルヌルべとべとしていて気持ち悪い。」(20代前半女性/脂性肌/アットコスメより)

洗いあがり後の肌の様子

「リキッドファンデーションだからかな?使う量も時間もかかるし思ったよりメイクが落ちない。2、3回続けて洗った。」(30代前半女性/混合肌/アットコスメより)

「オイクレなのにウォータープルーフが落ちにくい。マスカラが残ってた。」(30代前半女性/敏感肌/アットコスメより)

「このオイルでマッサージしながらメイクオフ。ダブル洗顔してないのにつっぱるし乾燥した。」(20代後半女性/混合肌/アットコスメより)

コスパへの評価

「何プッシュかしないとアイメイクと一緒にマツエクも取れる。薄化粧なら良いかも。」(女性/アマゾンのレビューより)

「大容量はなかなか使い切れないし、かといって175mlは値段が高い気がする」(女性/Yahoo!ショッピングのレビューより)

 

アテニアは効果なし?合わないと答えたレビューの特徴や共通点とは?

アテニアのオイルクレンジングに対して高評価をしている人がいるなかで、効果を感じなかった人や合わないと思った人、肌トラブルが起きたと口コミで書いていた人には共通点はあるのでしょうか?

口コミやレビューには使用方法を細かく書いている人も多くいたので、低評価を付けている人の使い方や使用方法などを参考に共通点を探してみました。

ニキビができる

アテニアのオイルクレンジングはノンコメド処方(ニキビができにくい処方)でできているので、ニキビの原因菌であるアクネ菌の餌となる成分や油分は含有していません。

それにも関わらずニキビができたと悩んでいた人もいましたが、もしかするとその原因は洗い方や洗顔後のケアに問題があり、その結果肌が乾燥してニキビを引き起こしているかも知れません。

ニキビの原因1:乾燥肌やインナードライなのにダブル洗顔をしている

洗い上がりが苦手に感じる人にとっては、クレンジング後に洗顔料を使って顔を洗うことをダブル洗顔と言いますが、洗いすぎは乾燥をひいき起こす元。

アテニアのクレンジングは、人によっては「しっかり洗わないと落ちた気がしない」と感じるほど、ジェルタイプやクリームタイプに比べて肌への密着が強いテクスチャです。

ある程度のべとつきを感じるのはオイルクレンジングなので仕方はありませんが、洗い上がりもベトベトすると感じる人は、水でしっかりと落としきれていない人が多いのかもしれません。

というのも、アテニアの公式サイトでも「ぬるま湯で洗い流す」と書いているように、冷たい水では余分な油分が落ちにくく、結果的に膜が張ったように感じてしまいます。

この膜をダブル洗顔で落とさずに、すすぎの洗いもいつもより多い回数で行ったり、人肌に近いぬるま湯で行うことでベタつきを防ぎ、結果的には肌の乾燥を防ぐことができます。

ニキビができやすい人でアテニアのクレンジングが気になっている人は、ダブル洗顔をせずにしっかりすすいでみると良いかも知れませんね!

ニキビの原因2:クレンジング後の保湿が足りない

新しい化粧品を試す場合、いつもの肌がどのように変化するのか気になりますよね。

アテニアのクレンジングがどんな効果を発揮するのか楽しみで、普段のスキンケアはそのままに、クレンジング剤だけをアテニアに変えて使う、という人も多いのではないでしょうか?

その方法は間違ってはいませんが、問題は化粧水や乳液などの量も「普段通り」に使ってしまうこと。

「ニキビができた」と口コミをしている人の中には、クリームタイプのクレンジングからの乗り換えや、ジェルタイプからの乗り換えの人も多くいました。

オイルクレンジングはクレンジング剤のなかでも比較的乾燥を引き起こしやすく、いつもの化粧水の量では十分な保湿ができていないという可能性も考えられます。

肌が乾燥をすると結果的に皮脂の分泌量が多くなり、日中のテカリや部分的な乾燥を引き起こしたりしてニキビができやすい肌質に傾いてしまいます。

アテニアのクレンジングは比較的保湿効果の高い成分を配合していますが、肌の保湿の基本は化粧水や美容液。

アテニアに変えた瞬間ニキビや吹き出物ができた人は、普段使っている化粧水の量を多めに使ってみるのがオススメです。

すっぴん肌に毎日使っていた

毛穴や肌ステインと呼ばれる肌のくすみに効果的なアテニアなので、「いちご鼻をなんとかしたい」「角栓や小鼻のざらつきをどうにかしたい」「くすみが気になる」という人は毎日でも使いたいという人もいますよね。

実際に、アットコスメやネットショッピングの口コミでも、「朝の洗顔として使っています」という人もいました。

朝に使用することで良い効果が現れているのであれば問題はありませんが、朝のスキンケアに取り入れて肌トラブルを起こしてしまったという人は要注意。

気になったので公式サイトから問い合わせで確認してみましたが、アテニアの美容窓口の人からは「朝はやめてください」と言われました…。

その理由としては、やはり起きたての顔はメイク汚れもなければホコリやチリなどの汚れもあまり付いていない状態で、クレンジングや洗顔は油分を取りすぎて逆効果になってしまうとのことでした。

なので、スッピンの状態の朝の洗顔にアテニアのクレンジングを使うのは間違った使い方でもあるそうなので、肌に合う人は別として特別やる必要のない美容法のようですね。

たるみ毛穴には効果ない

もうひとつ、毛穴の黒ずみに対する効果を期待して裏切られた人たちの中には、「たるみ毛穴」と呼ばれる毛穴の皮膚が伸びきってしまい悩んでいる人たちの口コミに多く見られました。

このたるみ毛穴はニキビ跡のクレーター肌に近い状態なので、どんなに洗浄力が強いクレンジングで黒ずみや角栓を除去したところで悩みは解決しません。

アテニアのクレンジングは毛穴の詰まりには効果的な化粧品ですが、毛穴を引き締めるのはその後の美容液や乳液の仕事です。

そのため、たるみ毛穴の人にとってはアテニアのクレンジングを使うなら同時に保湿やリフトアップ効果に力を入れている基礎化粧品をライン使いするのが効果的と言えるでしょう。

メイクが落ちない、もしくはマツエクまで落ちる

アテニアのクレンジングは「まつ毛エクステOK」と書かれていますが、以外にも「マツエクが取れた」という口コミも多かったです。

その口コミを見ていると、同時に「ポイントメイクも落ちにくい」とレビューしている人も多かったので、使用量が足りなかったのかな?という印象を受けました。

というのも、アテニアのクリアクレンズはオイルクレンジングのなかでも比較的洗浄力(化粧落ち効果)はマイルドなほうで、テクスチャもこってりというよりはサラッとしたオイルに近いタイプです。

そのため、メイクの濃い目元やリップ部分にはある程度の量を使用しなければ指の摩擦が強すぎてゴシゴシしないとメイクが取れない=結果的にマツエクが取れるという悪循環になってしまうようです。

たしかに、プチプラコスメのクレンジングに比べると価格も効果なので少しずつ使用したい気持ちも分かりますが、どうせなら

  • 濃いメイクの部分だけはたっぷり使う
  • ポイントメイク用のクレンジングと併用
  • メイクと乳化するまで長めにクルクル伸ばす

のどれかしかないのではないでしょうか。

個人的には、せっかく良いクレンジングを使うのにプチプラと併用するのはもったいないし、かといって長めのクレンジングも肌全体の負担になるので「部分的にたっぷり使う」が正解かもしれませんね。

特定の成分が合わなかった

アテニアのクレンジングに変えてから

  • 顔が痒くなった/熱を持った感じ
  • 肌がヒリヒリするようになった/化粧水がしみる
  • 赤ら顔や赤みがきになるようになった

このような口コミも少なからずありましたが、敏感肌やアトピー肌ではない人でも肌トラブルを起こしてしまうのはなぜでしょうか。

これはあくまで推測ですが、アテニアのクレンジングの特定の成分が肌に合わずにアレルギーのような反応を起こしている人なのではないかな?と思いました。

というのも、「アルコールフリー・パラベンフリー」「鉱物油不使用」などの商品は植物由来の成分をふんだんに使用していますよね。

ボタニカルブームの落とし穴とも言えますが、実は化粧品化学の世界では「植物性=安全」というわけではありません。

植物のような天然の成分でも、使う人の肌質に合わない場合は合わないのが現実です。

アテニアのオイルクレンジングには、精油と呼ばれる植物由来の油分が配合されていますが、精油や植物エキスでも”負ける”人は負けるのです。

「漆(うるし)負け」をする人とそうでない人がいるように、ある特定の植物が体質的に合わない人には合わないこともあることを覚えておきましょう。

ただ、それだけでは自分の肌に合うのか合わないのかが分かりませんから、アテニアのクレンジング購入後に返金保証に対応している正規品を購入し、パッチテストを行うのが確実です。

アテニア公式オンラインショップでは、初回購入の場合のみ返金保証が付いたキャンペーンを行っているので、不安な人は公式ショップから購入するのがオススメです。

 

公式に聞いた!アテニアクレンジングの正しい使い方は?

口コミを検証していて思ったのが、アテニアの強みでもある「ダブル洗顔不要」の言葉が、逆に利用者たちを混乱させているように感じた、というもの。

人によってはダブル洗顔をしている人もいましたし、洗顔なしで満足な人も入れば不満な洗い上がりだったという人もいて、「どっちがいいんだろう」「洗顔がいるならコスパは良くないんじゃ?」という疑問も新しく出てきました。

そこで、アテニアの公式美容相談室に電話で問い合わせをし、アテニアのクレンジングの正しい使い方を美容部員さんに聞いてみたのでシェアしたいと思います。

クリアクレンズの基本手順

1:まずはしっかり手を洗う

アテニア公式によると、夜のメイクオフのクレンジングをする時にはキレイな手で行ってほしいとのこと。

たしかに、オイルクレンジングは濡れた手では乳化(白くなって)しまうため面倒くさがりな私のような人にとっては、いつもすっ飛ばしていた手順です…。

キレイな手でクレンジングを行うことで肌を清潔に保つことができ、肌トラブルの原因にもつながる雑菌の繁殖を抑える効果があるので必ずやってほしい美容法だそう。

確かに、言われてみればキレイな手の方が良いのはごもっともですし、なによりアテニアのクレンジングは手を洗って濡れたままの手でも使用できるので、これならズボラな人でもできそうですよね!

2:濡れた手もOK!基本は3プッシュ

1回に何プッシュすればいいのか口コミでも賛否両論だったのですが、アテニア公式が推薦する使用量は3プッシュだそうです。

手のひらにくぼみを作って3プッシュを垂らしたあと、またここで私のようなズボラ人間は両手をスリスリと擦って手のひら全体に伸ばしがちですが、この使用方法は「もったいない」とのこと。

正しい使い方としては、人差し指、中指、薬指の3本指の腹でチョンチョンし、

油分の多いTゾーンやアゴ
ポイントメイクなどの落ちにくいメイク部分

この2点から先につけてあげると3プッシュでも摩擦によるダメージが少なく、なおかつしっかりと油分やメイク汚れを落とせるのだとか。

残りの部分をほっぺに伸ばし、いよいよクレンジング開始です。

3:やさしくマッサージするようにクルクル

顔全体にアテニアのクレンジングを乗せたら、3本の指の腹で優しくクルクルとマッサージをするようにメイクを落とします。

このとき、

オイルクレンジングは素早くメイクオフして洗い流す派
美容成分がたっぷりなので少しマッサージしてから洗い流す派

この2者に分かれると個人的には疑問に思っていたのでアテニア公式としてはどちらがベストなのか聞いてみると、「もったいないですが、できれば早めに落としてください」とおっしゃってました。

具体的な数字を聞くと「20~30秒ほど」と言っていたので、思っているよりもしっかりとメイクオフをするのが理想のようです。

アテニアの口コミやネットの情報、ブロガーさんの体験記事には「アテニアのクレンジングは10秒でメイクオフ」と口を揃えて書いてあることが多いようです。

この10秒という数字が口コミなどでも独り歩きしてしまい、結果的に悪評として書かれていた「落としきれないメイク汚れ」の件に繋がってしまっているのではないでしょうか。

アテニアのクレンジングを使ってメイクが落ちないと思った人は、もう10秒ほど追加してクレンジングしてみると良いかも知れません。

4:ぬるま湯でしっかり落とす

最後は「ぬるま湯でしっかりとすすぎ洗いをしてください」と言っていたのですが、やけに「しっかりと」という言葉が電話越しから強い印象で伝わってきました…。

もしかしたら、「膜が張る」「ヌルヌルする」「べたつく」の問題点はここにあるのかもしれません。

ぬるま湯でしっかりと洗うことで、本来ならダブル洗顔は必要ないほど洗い上がりは良いと力説していらっしゃったので、洗い上がりが不満だった人はいつもよりしっかりとすすいでみてくださいね。

脂性肌じゃなければW(ダブル)洗顔や二度洗いは不要!

ダブル洗顔不要はアテニア公式サイトにも書いていますが、同時にアテニア公式サイトの”よくある質問”には「W洗顔しても問題ない」と書かれてあるので混乱している人もいるようです。

電話でアテニアの美容部員さんに本音を聞いてみると、「脂性肌の人であればダブル洗顔でも問題無いですが、それ以外であればしない方が乾燥を防ぐのでおすすめ」と言っていました。

ダブル洗顔についてのやんわりとした言い回しに、私のように混乱している人もいたかもしれませんが、迷っている人が参考にしたいダブル洗顔の基準は脂性肌(オイリー肌)かどうかだそうです。

アテニアクレンジングの使用期限

せっかく電話をしたので、もうひとつ気になっていた使用期限についても問い合わせてみたところ、

  • 新品未開封の場合の消費期限 3年以内に使い切る
  • 開封後の消費期限 半年~1年に使い切る

アテニアの口コミやアットコスメなどのレビューでは「2か月以内」という人が多く、私も完全に信じ込んでいましたが、アテニア公式に電話で問い合わせるとこのような回答でした。

意外と「使用期限に関しては持ちがいい」というのが口コミとは違った事実だったので驚きです。

ただ、やはりオイルは酸化による劣化を起こしやすい性質があるので、早めに使い切るに越したことはありません。

ほかにもアテニアのクレンジングの効果的な使い方を聞いてみたので、ここだけでこっそりシェアしますね!

 

効果的な使い方その1:やっぱり一番いいのは"乾いた手"

アテニアのクリアクレンズオイルは濡れた手でも使用ができるのですが、やっぱり乾いた手でクレンジングをするのが一番汚れ落ちが良いとのこと。

リキッドファンデや濃いメイク、ウォータープルーフのマスカラアイライナー、日焼け止めを使用している時は手を洗ったあとに清潔なタオルで水気を良く拭くのがいいそうです。

ただ、濡れた手の場合もなるべく手の水気を振り落として使用することで、効果的にクレンジングができるのでやってみてくださいね!

効果的な使い方その2:すっぴんやノーメイクデーでも夜だけクレンジング

アテニアの美容部員さんに「スッピンの日は使わないほうが良いですか?」と訊いてみると、「ノーメイクの日でも夜のクレンジングをおすすめします」と言われました。

というのも、過剰な皮脂や空気中のホコリなどで意外と顔は汚れており、毛穴を詰まらせる原因になってしまうそう。

メイクをしていないすっぴんの日でも、できれば夜はアテニアのクレンジングで毛穴の汚れを浮き落とすことで黒ずみや角栓になるのを防ぐ役割を果たすそうです。

ちなみに、メイクをしない男性でも毛穴の黒ずみや小鼻の角栓にも良いそうで、夜だけの美容習慣としてアテニアのクレンジングを利用するのもおすすめです。

アテニアクレンジングオイルの全成分を徹底解析して思った感想

アテニアのクレンジングにかなり興味が出てきたので、成分を簡単におさらいしてみました。

毛穴やくすみ(肌ステイン)に効果的と言われている美容成分や、注意するべき成分などを理系で美容マニアな私が文系の人でも分かるように説明してみます。

まずはアテニアスキンクリアクレンズオイルアロマタイプの全成分を成分表示順に書き出してみます。

全成分
エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、アメリカネズコ木水、レモングラス油、ベルガモット果実油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、香料、フェノキシエタノール

しょぱなから何だか良く分からない成分と、アロマ精油や植物っぽい成分と、素人目で気になる「香料」や「フェノキシエタノール」の文字…。

それでは、具体的に見てみます。

肌の柔軟化と保護をしてくれる「エモリエント剤」の成分

“エモリエント”というのは「エモリエント効果」という言葉としてよく使われます。

つまりは皮膚の水分を蒸発を防いで肌の潤いを保ち、角質を柔軟にして保護する作用のことで、肌の生理現象のひとつでもあります。

人間の肌でエモリエント効果を発揮しているのは、潤いに蓋をする”皮脂”ですよね。

皮脂のように角質を柔らかくしつつバリア機能を作ってくれる成分として、アテニアのクレンジングにはエモリエント剤が配合されています。

成分名 肌への刺激性 役割
エチルヘキサン酸セチル 低刺激 肌を保湿しながら肌を保護する。サラッとした触感を生み出す。
ジイソノナン酸BG 低刺激
肌の水分が蒸発するのを防ぐ。
(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル 低刺激 乳化安定剤。メイクや汚れへの馴染みを良くする。
バオバブ種子油 低刺激(植物性) 驚異の保湿力を発揮する木から採れる植物油。保湿効果が期待できる
アルガニアスピノサ核油 低刺激(植物性) アルガンオイルと言われると分かりやすい。言わずと知れた美容効果抜群の成分
パーム油 低刺激(植物性) ヤシ油と言われると分かりやすい。老化防止と保湿効果が期待できる
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 低刺激 皮脂のように乾燥肌を防止する
パルミチン酸アスコルビル 低刺激 ビタミンCと言われると分かりやすい。
ステアリン酸イヌリン 低刺激 サラッとしすぎている油成分にコッテリ感を持たせてくれる。
トコフェロール 低刺激 ビタミンEと言われると分かりやすい。酸化防止の安定剤。

このエモリエント剤には保湿効果の期待できる植物性のオイルも含まれていて、

バオバブオイル
アルガンオイル
パームオイル

これらは美容成分としても効果的な成分です。

「乳化剤」は危険?アテニアクレンジングの乳化成分

「乳化剤」と聞くと「肌に良くない」と思われる人もいますが、乳化剤=悪ではありません。

そもそも乳化とは、水と油のように混ざりあわないもの同士が混ざりあったことを「乳化する」というふうに使います。

例えば、ドレッシングを良く振って使うのも、一瞬”乳化”させて使っているのと同じことなんです。

そして乳化した状態である代表例と言えばみなさんも良く知っているマヨネーズ。

マヨネーズの場合は、原材料である卵が乳化剤の役割を果たし、水分と油分が分離せずに保たれています。

クレンジングには様々な成分が配合されていますが、安定して混ざりあった状態にするために乳化剤が使用されます。

また、メイクや皮脂汚れなどに馴染ませる時も乳化が行われ、肌なじみが良くスルッと素早く汚れを落とすために乳化剤は使われているのです。

アテニアのクリアクレンズオイルに使用されている乳化剤はたった1つ、「ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10」と呼ばれる成分です。

この成分は食品にも使用されるほど安全性が高い成分でもあるため、あまり危険性はなさそうです。

汚れ落ちを左右するクリアクレンズの「洗浄剤」

アテニアのクレンジングに使われている洗浄剤は2つ。

その中でも石油系の成分が使われたメイク汚れを落とす役割の「オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20」が「刺激が強い成分だ」と悪く思われがちな成分です。

この刺激というのは毒性という意味ではなく、肌への負担(ダメージ)という意味で使われているようで、クレンジングにはなくてはならない存在でもあるのです。

というのも、全て植物性の無添加化粧品にこだわっている人や、毎日すっぴんの女性であれば強い洗浄力がダメージとなってしまいます。

でも、使っているメイクが石油系であったり、落ちにくいウォータープルーフなどで合った場合、ある程度の強さの洗浄成分が配合されていなければメイク汚れが蓄積してしまいます。

ナチュラルコスメを使っていない限りは目をつぶってあげたくなる成分と言えそうですね。

成分名 肌への刺激性 役割
オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20 毒性はないが早めに落とすべし 石油成分のメイクを洗浄する役割。割と洗浄力がある。
ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20 低刺激 マイルドな洗浄成分。無添加の化粧品にも使われるほど。

アテニアの美容部員さんが「できればすばやく落として」と言っていたのはこのためだったのかもしれませんね!

肌にうるおいをあたえるクリアクレンズの「保湿・湿潤剤」
オイルクレンジングはメイクや毛穴の皮脂汚れなどの油分だけでなく、必要な油分も吸着して落とすというデメリットがあります。

そのデメリットをカバーしているのが、保湿・湿潤剤の役割を果たす成分です。

成分名 肌への刺激性 役割
シスツスモンスペリエンシスエキス(ロックローズオイル) 低刺激(植物性) 紫外線にも強い花ロックローズから抽出した成分。肌ステインを浮かせる。ちなみに、ロックローズ配合はアテニアが初。
ヘリクリスムイタリクムエキス(イモーテルオイル) 低刺激(植物性) キク科の美容オイル。これが活性酸素に働きかけて肌ステインを作らせない働きをする。
アメリカネズコ木水 低刺激(植物性) 肌の抗菌作用に役立つアロマ。不安や緊張をほぐすので夜は特にオススメ。

アロマタイプの香りの成分「精油」

精油というのは通称「アロマ」として人気の植物オイルで、香りだけでなく肌への作用にも働きかける成分です。

成分名 肌への刺激性 役割
レモングラス油 低刺激(植物性) リフレッシュや血行促進、殺菌作用が期待できるアロマ
ベルガモット果実油 低刺激(植物性) リフレッシュや血行促進作用が期待できるアロマ。こちらも柑橘系の香り。
ビターオレンジ花油 低刺激(植物性) 保湿効果も兼ね揃えたアロマ。明るく前向きな気分にしてくれる。
ラベンダー油 低刺激(植物性) 言わずと知れたリラックス効果や安眠作用のあるアロマ。抗菌作用や抗炎症作用、ターンオーバーを促進する万能タイプ。

疲れた日や寝る前に嬉しい香りのアロマのクレンジングは、メイクオフしてリラックスタイムにもピッタリですね!

 

どうしても気になるクリアクレンズの「香料」と「防腐剤」

アテニアのクレンジングには、成分を気にする人が避けたいであろう「香料」と「防腐剤」の役割を持つ成分が含まれています。

「精油がたくさん入っているのになんで香料?」と思われるかもしれませんが、精油は大変揮発性が高い成分で、本来であればすぐに香りが飛んで消えてしまいます。

すぐに消えてしまいがちな良い香りを維持するために、香料が含まれているようですね。ただ、成分表でもかなり下のほうなので、精油の手助け程度の配合のようです。

どうしても気になる人であれば、アテニアのクレンジングには無香料タイプもあるのでそちらのほうが向いているかもしれません。

そして1番気になる「防腐剤」ですが、これは植物由来成分にはなくてはならない存在でもあります。

というのも植物はナマモノですので、放置しておけば当然腐ります。

また、肌への栄養にある成分は雑菌にとっても美味しい栄養になるので、よっぽど品質管理がしっかりとできる保管状況を維持できる人でない限り、防腐剤は必要悪でもあるようです。

確かに考えてみれば、ばい菌だらけで腐ったクレンジングを顔に塗りたくるのは嫌ですもんね。

アテニアクレンジングが安く買える販売店の落とし穴!

これからアテニアのクレンジングを購入しようとしている人は、どうやら販売店には気を付けたほうが良さそうです。

これも口コミをくまなく見ていてわかった情報なので簡単にまとめてみました。

ネット通販サイトの公式ショップは存在しない

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでもアテニアのクレンジングは販売していますが、公式サイトによれば「ネット通販サイトにアテニア公式ショップはありません」とのこと。

「正規品にはこだわらない」という人ももしかしたらいるかもしれませんが、もうひとつの落とし穴は消費期限にあります。

ネットショップで仮にアテニアの正規品を謳った商品を見つけても、それはショップが”買いだめ”をしている商品。

人によっては「製造年月日が古い」「使用期限が少ないのが気になる」と口コミをしていたのでネット通販の商品の”鮮度”には疑問です。

正規品は公式オンラインショップのみ

しっかりと使用期限が長い正規品を購入したい場合は、アテニア公式サイトのオンラインショッピングもしくはアテニア公式キャンペーン特設ページからが1番確実です。

ちなみに、メルカリやヤフオクの「新品未使用正規品」も、化粧品類には多くの偽物が出回っているのであまりおすすめではありません。

安全でお得にアテニアクレンジングを買う方法

もしもアテニアのクレンジングを初めて買う人であれば、最安値は公式サイトの初回限定キャンペーンの特設サイトです。

アテニア公式オンラインでのアテニアクレンジング1本の通常の価格が1,836円(税込)プラス送料代なので、初回限定では送料代が無料になります。

そこから、LINEやFacebook、Twitterでシェアすることで300円オフでお得に買えるので、アカウントを持っている人であればさらに安く買うことができます。

この初回限定キャンペーンの良いところと言えば送料無料や300円オフも魅力ですが、最大のメリットは初回限定プレゼントが付いているということ。

初回限定キャンペーンならリフトローションの試供品(ミニボトル)付き

アテニアはクレンジングが有名ですが、同シリーズのスキンケア商品も人気の高いものばかり。

初回限定ページで購入できるものには「アテニアリフトローション」の試供品ミニボトル(30ml/14日分)が付いているので、値段も安いうえにさらにお得に購入することができます。

限定品のローズ(ピンク)のセット販売はいつまで?

初回限定キャンペーンでも人気の限定ボトル「アテニアスキンクリアクレンズオイル ローズタイプ」という数量限定のピンクボトルの購入も適応されるようです。

このローズバージョンはアテニア公式に電話で問い合わせたところ、「去年発売の限定は即完売だったので、今年は数量を増やしましたが、売り切れも時間の問題」とおっしゃっていました。

バラの香りと可愛らしいピンク色、しかも無くなり次第販売終了の限定販売とのことなので、狙っている人は早めの購入をおすすめします!

アテニアクレンジングの体験談

no image
【使ってみた】アテニアクレンジングを敏感肌のアタシが毎朝愛用している理由

私が使っているクレンジングは、アテニアのスキンクリアクレンズオイルです。 私は現在34歳ですが、30代に入ってから色んな肌トラブルに見舞われるようになりました。透明感がなくなり、肌がくすんで暗く見えま ...

no image
私がアテニアクレンジングを使い始めた理由

少し前からアテニアクレンジングを使い始めました。 きっかけはずっと使っていたカウブランドのクレンジングオイルが薄まってきているのか4プッシュしてもメイクのオチがいまいちなことがだんだんと増えてきたから ...

Copyright© 【口コミ】アテニアクレンジングの評判どう?悪い口コミも全部調べてみた , 2020 All Rights Reserved.